「Glance 一瞥」 by deirdre original
縦書き表示にする

僕は目を奪われた。たった2秒間だったけど、僕は、自分のいる場所も忘れ、茫然と立ち尽くしていた。

この女性。隣に住む女性。

日光浴の後なのだろう、想像できるうちでも最も露出度の高いソング・ビキニを着た姿を見せて、立ち上がり、家の裏門へと入って行ったところだった。僕は彼女の突然の出現に不意打ちを食らったのだった。

正気を取り戻し、振り返った。彼女が隣の家の中に入るところをちらりと見た。そして、顔を前に戻すと、そこにはローレルがいた。僕の妻の姉である。

ローレルは僕の目をじっと見ていた。そして、突然、妙な表情を顔に浮かべた。「あなたが何をしていたかしっかり見たわよ」とでも言いたげな表情。それに「あたしの妹は、知りたがるんじゃないかしら?」とも言いたそうだなと僕は心の中でつけ加えた。ローレルが何を考えているのか、僕には分からないことが多い。だが、この時は、嫌になるくらい彼女が考えていることが明瞭に分かった。僕は、一瞬、パニック感に襲われた。……ローレルは、今のことから何かでっち上げてベスに言うんじゃないか?

ローレル経由で話しをされたらベスが受け流してくれるはずがない。僕はローレルに近寄った。ローレルは小さく笑みを浮かべていた。何か裏がありそうな、そして人を見下しているような笑み。僕は、また、嫌な感じになった。ローレルは何を考えている?

「何を考えてるんだ?」 声を小さくしようとしていたわけでもないが、別に大声を上げてもいなかった。

「私が見たことを知ったら、ベスはビックリするんじゃないかしら? あの美女に見惚れて、口をあんぐりさせてたなんて」

僕はベスの方を振り返った。今はバーベキュー・グリルのところで何かを焼いている。ローレルは、声を小さくする気はない様子だった。

「そもそも、君には、ベスに何か言う必要もないだろ?」 と僕は何気なさを装って、静かな声で言った。

突然、ローレルの手が僕の股間を覆っていた! ほんの1秒くらいだったが。

「でも、彼女を見て勃起しるんだ」

僕はローレルを見つめた。こんなことをするんなんて信じられなかった。

「やっぱり、ベスは興味を持つと思うわよ」

「いったいどうしたんだ?」 と、囁き声に近い声で訊いた。ローレルはニヤリと笑った。

「一緒に家の中に来た方がいいわよ」 と彼女はニヤニヤしながら背中を見せ、家の中に進んだ。僕は後に続いた。

ふたりでキッチンに入ると、ローレルは振り返った。

「まあ、そうね…。ベスが私が見たことの本当の話しを聞くことになるか、それとも……」

「それとも……?」

「それとも、あなたがつぐなうか」

ローレルが何を考えてるのか考えた。また、あの邪悪っぽい笑みを浮かべている。僕は彼女を見つめた。

「どうやって?」 しばらく沈黙した後、僕は訊いた。

「これは取引ね。私はベスに、あなたのいやらしい妄想については話さないわ。もし、あなたが……あなたがおちんちんを見せてくれたら!」

「何だって?」 頭の中がグルグル回る感じだった。こんなの現実じゃない。「ちょ、ちょっと、君は……」

「今すぐおちんちんを見せなさい。そうすれば私は黙ってるわ。さあ、早く。ズボンのチャックを降ろして、中から引っぱり出す。ちょっとだけよ。それですべて終わり」

ローレルは僕のことが好きだったのか? 事態の展開が早すぎる……頭の中、いろんな考えがチカチカ浮かんでは消えた。

「急いで! さもなければ取引は中止! 引っぱりだせば、あの美女のことについては無言にする」

ローレルはまだニヤニヤしていた。僕は、ニヤニヤ顔のローレルの顔を見つめた。……そして、おもむろにズボンのチャックを降ろし、ブリーフの中に指を突っ込み、中からペニスを引っぱりだした。

「あっはっ! ちっちゃいの!」 とローレルが言い、僕は視線を下に向けた。その瞬間、クリック音がした。僕が顔をあげたら、彼女は手にカメラを持っていた。

「ローレル!」

ローレルはすぐにカメラを降ろし、走り出した。僕はズボンの中にペニスをしまいながら、カメラを奪おうとした。インスタント・カメラだった。チラリと見ただけだったが、ローレルが写真を撮ったのはすぐに分かった。カメラが写真を吐き出す音が聞こえた。

ズボンのチャックを上げ、すぐにローレルを追いかけたが、彼女はすでに庭に戻っていた。何事もなかったようにベスの方に歩いている。写真は見えなかった。彼女は歩きながらどこかにしまいこんだか、途中のどこかに突っ込んで隠したのかもしれない。僕は走るのをやめ、歩きながら庭に戻った。

食事の間、ローレルはベスにぴったりくっついたままで、ローレルとふたりっきりで話すチャンスはなかった。ローレルの家を出て自宅に帰る車の中、ずっと考えごとをしていた。ベスが僕に話しかけても、僕は話しを聞いていなかったようで、そういう時が何回かあった。まったく信じられなかった。いったいローレルはどうなってしまったのだ?

翌日も僕は心配し続けた。僕はベスより早く帰宅し、すぐにローレルに電話をした。

「あなたが電話をしてくるなんて、ずいぶんフレンドリーじゃない? いま私の手にあるこの写真、ベスなら気に入るんじゃないかしら?」

「ベスには言わないって言ったじゃないか!」

「うちのお隣さんのことについては一言も言わないわよ。でもねえ、これは……」

「何が望みだ!」

ベスがまだ帰宅していないにもかかわらず、できるだけ大声を立てまいとしている自分に気がついた。

「今夜8時に、こっちに来て」

「ベスには何と言えば?」

「それはあなたの問題。いいから、来てね!」 とローレルは電話を切った。

僕はまたも気もそぞろの状態になり、ベスが帰宅するまで、家の中を行ったり来たりし続けた。ローレルにこんな一面があるなんて、想像すらしたことがなかった。

ベスが帰宅し、ふたりで夕食を取った。そして、僕は口実をでっちあげて、外出した。

ローレルは玄関に出て僕を出迎えた。また、あの笑みを浮かべていた。

リビングルームに入るとすぐに僕は訊いた。「何が欲しいんだ!」

「あら、最初に言っとくけど、あなたは事態を理解した方がいいと思うわ。私は、あの写真をベスに渡すつもり……もし、あなたが私の言うことに正確に従わなかったらね」

僕はローレルを見つめた。彼女は権力キチガイにでもなってしまったのか?

「理解した?」

僕は、何と言ったらよいか考えあぐねていた。

「ちょっと聞いてくれ。君は頭がどうかしているよ!」

「理解した? 明日、ベスの職場に行って、彼女に会おうかなあ」

「ローレル、いったいどうなってしまったんだ?」

「理解した? 返事はイエスが欲しいわ!」

僕は間を置き、そして「イエス」と答えた。この先、僕はいったいどうなるんだ?

ローレルはちょっと黙って、すぐに、また笑みを浮かべた。

「いくらか私に敬意を払ってほしいわ……。そこにひざまずきなさい!」

僕は少し考え、おもむろに床にひざまずいた。

「よろしい! ズボンを脱ぎなさい!」

「ちょっと、ローレル……」

「話しあう必要はなし。今すぐズボンを脱ぐこと。さもなければ、明日ベスをランチに誘って、あの写真を見せるわ」

僕はベルトのバックルを緩め、ズボンを膝まで降ろした。

「下着も!」

僕に何ができるだろう?

「可愛いじゃない? じゃあ、今度は自慰をしなさい!」

「ローレル!」

「お黙り! ただちに自慰をするの! おちんちんを握って!」

「ローレル!」

「うるさいわね! 黙りなさい! 今後、口答えはなし!」

僕はひざまずいたまま、どうしてよいか考えていた。

「さあ、ヤルのよ!」

僕はペニスを握り、しごき始めた。こんなことをしている自分も信じられない。

「いい子ね」

ローレルは小さな声でそう言い、僕に微笑みかけた。僕は次第に勃起していた。

「射精するまで続けなさい!」

僕はひたすらしごき続けた。ますます固くなってくる。ローレルは見ているだけだった。ふたりとも黙ったまま。ただ、僕がしごき続けている。ペニスがますます固くなってくるのが分かる。

そろそろイキそうだと思った。ローレルは微笑みながら見ているだけだった。床のことを考えたが、彼女は汚れても気にしなそうだった。

僕はひたすら続け、とうとうリビングのカーペットの上に噴射した。彼女は見てるだけだった。僕は射精後もひざまずいたまま、次に何が起きるのかを考えていた。

突然、ローレルは飛び跳ねるように立ち上がり、部屋を飛び出し、数秒後に写真を持って帰ってきた! その写真を僕に渡し、「ちゃんと言われた通りにしたご褒美よ。もう家に帰ってもいいわ」 と言った。

僕はすぐさま立ち上がり、ズボンを履き、玄関を出た。車のエンジンをかける前に写真を散り散りに破り、帰路の途中、公衆ゴミ箱に捨てた後、家に帰った。こんなほっとしたことはなかった。

翌日、仕事から家に戻ると、家の前にローレルがいた。彼女は僕にバッグを渡し、楽しんでねと言って去って行った。

バッグの中はビデオテープだった。心が沈むのを感じた。テープをビデオデッキに入れ、予想通りだったと落胆した。自慰をする自分の画像。ビデオはたった5秒で終わり、一枚の紙を写した画像に変わった。その紙には「今夜、8時、私の家」と書かれていた。もう、何もかも信じられない。僕はすぐにテープを消去した。

夕食の間、ベスを見続けた。こんなこと、ベスは信じてくれるだろうか? 自分の夫を信じてくれるだろうか? それに自分の姉を? あのキチガイ女を!

ローレルはこの夜も僕を玄関に出迎えた。中に入るとすぐに、「ひざまずきなさい」と言われた。僕はちょっと彼女の顔を見、そして、その場にひざまずいた。玄関を入ったばかりの床に。

「ズボンと下着を降ろす!」

「ローレル!」

「やりなさい! 黙って!」

言うとおりにした。

「全部、脱ぐの!」

僕は身体をもがかせながら、ズボンと下着を脱いだ。

「靴も!」

時間がかかったが、言われた通りにした。

「次はシャツ!」

僕は素裸になっていた。ローレルはカメラを出し、スナップを撮り始めた。

「ローレル!」

「黙ってなさい! 一言も!」

彼女は写真を撮りまくり、その後、ビデオカメラを出した。

「勃起させなさい!」

「しゃべらずに!」 僕が口を挟む間もなく命令された。本当にこんなこと、信じられない。

「オーケー、それで充分ね」

ペニスが勃起したのを見て彼女は言った。「ひざまずいたまま、こっちに入ってきなさい」 と彼女は後ろ向きのままリビングに入りながら言った。僕は言われた通りに膝立ちのまま中に入った。

リビングに入ると、彼女は僕の姿を一瞥し、言った。

「はい、女王様と言いなさい」

僕は黙っていた。

「言うの!」

「はい、女王様」

「よろしい! これから何かを命令されたら、今のように答えなさい」

と言って少し間を置き、「ほら、ちゃんと言いなさい!」

「はい、女王様」

信じられなかった。ローレルは本当に気が狂っている。

「両手を床につけなさい!」

僕は言われた通りにした。四つん這いの姿勢になっている。

「お前は精神を鍛え直す必要があるわ」

とローレルは向こうの方に歩き、革ベルトを取った。

「命令された時、どう返事すべきか、もう忘れたらしい。ちゃんと返事なさい!」

「はい、女王様」

「立ちなさい!」

僕は立ち上がった。ローレルはベルトで僕の尻を叩いた。

「あうっ!」

「お黙り!……また四つん這いになりなさい!」

僕は四つん這いになった。再び尻を叩かれた。本気で叩かれ、痛みが走る。

「はい、女王様、でしょ?」

「はい、女王様」

「立ちなさい」

「はい、女王様」 そう言って立ち上がった。

「お前はそれほどマヌケでもなさそうね。また四つん這いになりなさい!」

「はい、女王様」

「お前でも学習できるかもしれないわね。私の靴にキスをしなさい」

ローレルは足を僕の顔の前に出した。僕は顔を寄せた。尻にベルトが飛んできた。

「はい、女王様」 僕はキスをした。

「お前はすでに5回も返事を忘れてきた。これからは、お前が忘れるたびに1回ずつ多くベルトを使うことにするわ。これまででは5回! 次は6発になるわよ!」

「はい、女王様」

「床に顔をつけてうつ伏せになりなさい。両手は背中にまわして」

「はい、女王様」

うつ伏せになると、ローレルは僕の片方の手首を握った。その後、カチッと金属音が聞こえた。手錠だ! あっという間に手錠で両手首を拘束されていた。

「身体を起こして、ひざまずきなさい!」

「はい、女王様」

ローレルはディルドを持っていた。リアルな形の偽ペニス。それを僕の口に近づけてくる。

「口を開けなさい」

「はい、女王様」

口を開いた。ローレルはディルドを僕の口に押し込み、出し入れをし始めた。僕の後頭部に片手を当てて、逃げられないようにされた。しばらく出し入れされた後、彼女は口から引き抜いた。

「ひざまずいたまま、あそこのオットマンまで行って、そこに覆いかぶさりさない」

「はい、女王様」

言われた通りに移動し、小椅子に覆いかぶさった。両手は背中に拘束されたままで、尻を小椅子の端から突き出す姿勢になっていた。ローレルは僕の片方の尻頬を掴んで、中心部を広げ、ディルドをアナルに当てた。押し込んでくる。

「おい!」

そう叫ぶと、ローレルはディルドを引き抜いた。そしてベルトで叩かれた。3発。

「後の3発は、後でするから」

「はい、女王様」

「お尻をリラックスさせるの」

「はい、女王様」

再び押し込んでくる。ぐいぐいと押し込まれた。

「リラックス!」 僕は、自然と逃れるために小椅子を引きずって動いていた。小椅子は先のカウチにぶつかっていた。

「はい、女王様」

それが入ってきた。ぐいっとひと押し強く押しこまれると同時に、僕の中に入っていた。巨大な感じがした。こんな感覚は一度も経験がなかった。ローレルが離れるのを感じた。また写真を撮ってる音が聞こえた。クスクス笑う声も聞こえた。

「立ち上がりなさい。それを落とさないようにして」

「はい、女王様」

僕は立ち上がった。ディルドは中に入ったままだった。

「ひざまずいて!」

「はい、女王様」

ローレルは僕にいろんな姿勢を取らせているだけのように思えた。

その時、玄関のチャイムが鳴った!

ローレルは僕をそのままに、玄関へと行ってしまった。部屋の真ん中、素っ裸でひざまずき、手錠をされたまま。しかもお尻にディルドを突き刺したままの格好で!

ローレルが誰かとしゃべっているのが聞こえた。そして、少し後、彼女が戻ってきた。別の女性と一緒に!

「私のお隣さんのこと、覚えている?」

僕はその女性を見つめた。あのビキニ姿の女性だった。彼女は、僕を見て、ニヤニヤしている!

また尻を叩かれた。

「お前は、早速、訓練のことを忘れたようだね!」

「はい、女王様」

「ご覧のとおりよ。あなたがちょっとショーをしてくれたおかげで、ここまで完璧になったわ」 と、ローレルはその女性に話しかけた。彼女は笑顔で僕を見ている。

「あなた、あたしのビキニ姿、好きだったの?」

「あ……は、はい、女王様」

またベルトが尻に飛んできた。

「彼女には、はい、カルラ女王様と答えなさい」

「はい、女王様」

「また、あたしのビキニ姿、見てみたい?」 とカルラが訊いた。

「はい、カルラ女王様」

「いま?」

「はい、カルラ女王様」

「淡い期待ね、バカ豚!」 とカルラは嘲笑った。

「はい、カルラ女王様」

ローレルがカルラのそばに近づき、彼女の後ろに立った。そして平然と右手をカルラの胸にあてた。ふたり並んで僕の方を見ている。

「私たちを見て楽しんでる? バカ豚?」

「はい、女王様」

ローレルは、ブラウスの上からカルラの乳房を愛撫し続けた。ふたりとも僕に視線を向けたまま。ほぼ1分以上、ふたりは並んで立って、そうし続けた。カルラの呼吸が乱れてくるのに気づいた。ローレルはさらに愛撫を続けたが、カルラも本気で感じだしてきた時になり、急に愛撫をやめてしまった。

「お前に見せるのは、ここまでで充分ね!」

「はい、女王様」

カルラは、途中でやめられてしまい、ちょっと不意をつかれたような顔をしていた。

「そうねえ、もう、この弱虫豚には奥さんのところに帰ってもらうことにしましょうか」 とローレルが言い、僕の手錠を外した。そして、「ほら」と僕にビデオテープを渡した。オリジナルのテープだろうか? だが、あれだけ写真を撮られ、ビデオにも撮られた今となっては、それがオリジナルだろうが、そうでなかろうが意味はなかった。

翌日、仕事から帰宅すると、家にはローレルとカルラがいた。しかも、ベスも一緒に! 3人とも僕の写真を見ていた。

「よくもこんなことを!」 

とベスが切り出した。僕のことをバケモノでも見るような顔で見ている。ベスのすぐ隣にはカルラが立っていた。腕をベスの腰に巻きつけていた。

「よくも、こんな……」 とベスは繰り返した。ほとんど泣きそうな声で。

僕は何を言ってよいか分からず、唖然として突っ立っていた。

「こっちに来なさい」 とローレルが僕に玄関へ行くよう指図した。だが、僕はベスを見つめ、近づこうとした。

「私に近寄らないで!」 とベスが金切り声で叫んだ。

「こっちに来なさい!」 とローレルが強い声で言った。

どうしてよいか分からなかった。仕方なく指示された通りに玄関へ行くと、ローレルは僕を外に連れ出し、彼女の車へと向かわせた。

車に乗るとすぐにローレルが言った。

「ズボンのチャックを降ろしなさい」

「あんたって人は!」

「チャックを降ろしなさい! 今すぐ! お前の職場仲間や、両親がどう思うか…」

僕は座ったまま考え続けた。ベスに話さなくてはならない。でも今は、まだ……言っても不可能だろう。ベスに理解してもらえるようにはできない。

「今すぐと言ったはずよ! ええっと、お前の職場は、確か……」

このアバズレ女め! だが、まだ僕は、こいつに牛耳られたままだ。僕はズボンのチャックを降ろした。

「そう、いい子ね。私への返事は?」

「はい、女王様」

「しごきなさい。しごけば、気持ちよくなるでしょう?」

「はい、女王様」

僕には選択肢がなかった。言うとおりにするしかない。いつしか車は家の前に来ていた。ローレルの家ではなかった。彼女の隣の家の前だった。

「車から降りなさい!」

僕はペニスをしまおうとした。

「出したままで!」

僕は凍りついた。そしてまた考えた。こんな昼明かりの中で?

「お前へのお仕置きがどんどん溜まっているわよ! 行儀作法はどこに行ったの?」

「はい、女王様」と言い、僕は車から出た。

「家に行きなさい」

「はい、女王様」

僕は歩き始めた。少なくとも通りには前を向けていない。ローレルが玄関ドアを開け、僕は中に入った。

「あなたの奴隷を連れてきたわよ」 とローレルが言った。

部屋の中には男がいた。大きな男だった。背が高く、がっちりした体格をしている。ブロンドで日焼けした男。

男は僕に近づき、頭からつま先までじろじろ見た。

「床にひざまずきなさい!」 とローレルが言った。

僕はひざまずいた。

「口で奉仕しなさい!」

僕はまたも凍りついた。

「命令よ! それに、行儀作法のことも忘れずに!」

「はい、女王様」

僕は男のズボンのチャックを降ろした。男は堂々と立っているだけで、何もしなかった。ローレルがクスクス笑う声が聞こえた。

「うふふ、おふたりさんだけにしてあげましょうね」 とローレルは言い、部屋を出て行ってしまった。

男は僕の頭を掴み、すぐに僕の口を相手にピストン運動を始めた。後頭部を両手でつかみ、ぐいぐい出し入れを繰り返す。

僕は、事実上、何もしていなかった。言ってみれば、ただ、なされるがままになっていただけ。口の中に出されるのを感じた。

「飲め」

男は、その単語ひとつしか言わなかった。この男は強すぎる。逃れるなど不可能だった。僕は飲み下した。

次の瞬間、気がついたら僕は男に床に突っ伏す姿勢にさせられていた。両手を背中に回され、押さえつけられている。そして男は僕の服を脱がし始めた。ズボンも下着も強引に引き脱がされたし、シャツは、文字通り引き裂かれた。

男はベルトを握り、それを振り回して僕を歩かせ、地下室に通じる階段を降りさせた。地下室に来ると、僕は小さなベッドにうつ伏せにされた。すぐに男は覆いかぶさってきた。男が僕のアナルにペニスを導き入れるのを感じた。

「お前、なかなかのご馳走だな」 と男は笑った。

男はすぐさま叩きつけるように僕に抜き差しを始めた。その間、僕はただうつ伏せになっているだけだった。僕にできることは何もないと。やがて男が再び射精するのを感じた。男は起き上がり、僕から離れた。

「そこに横になっていろ、淫乱!」

そう言って男は階段を上がって行った。僕は動かず、横になっていた。1分ほどすると、男がまた降りてきた。突然、尻に痛みが走った。男はベルトか鞭のようなものを持っていた。

「立て!」

僕は立ち上がった。

「俺のことをご主人様と呼ぶんだ」

「はい、ご主人様」

「お前は物覚えが早いな。横になって休んでろ」

僕はここにいろと言うことか?

「はい、ご主人様」

男はまた笑って階段を上がって行った。僕は小さなベッドを見つめた。両手はまだ後ろ手に拘束されたままだった。夕食も何も与えられなかった。僕は横になった。うつ伏せの姿勢で。

横になりながら、自分がおかれた状況について考えた。自分がしていることすべて、まったく信じられなかった。どうしてこんなことが僕の身に降りかかったのか、そんなことありえるのか? 僕は壁を見つめた。

痛みが走った。お尻にだ。明るい。夜が明け次の日になったのが分かった。

「バスルームに行け、今すぐ!」

「はい、ご主人様」

僕は立ち上がった。また、尻を叩かれた。多分、早く歩いていなかったからだろう。僕は、どっちに行ったら良いのか、周囲を見回した。

「階段の上だ、バカ野郎」

「はい、ご主人様」

階段を上がり、1階のキッチンに出た。男も一緒に上がり、僕をドアの方に押した。

「バスルームは向こうだ、マヌケ!」

「はい、ご主人様」

「待て!」 と男は僕を掴んだ。「その前に、こっちに来い」

男は僕を反対方向に引っぱった。リビングルームの奥の方にある部屋だった。

誰かが2階から降りてきた。女がふたり階段を降りてくる。カルラと……ベスだった!

カルラはジーンズとブラウスの格好。だが、ベスは、完全にシースルーの丈の短いナイトガウンだけの格好だった! 下着も履いていない!

カルラがベスを抱き寄せ、キスをした。ベスはくすくす笑い、カルラにキスをさせていた。ベスは僕の方を一瞥し、またくすくす笑い、それからカルラに目を戻した。

カルラは片手をベスのお尻にあて、指を2本、彼女の脚の間に押しこんだ。ベスはカルラに応じるようにお尻を彼女の方に向け、前を僕の方に向けた。カルラがベスの真後ろにいる形になる。

僕は部屋の中を見てみた。テーブルの上に額に入った写真が2枚、飾ってあった。僕が床にひざまずいて自慰をしている写真と、ベスが裸で、同じように床にひざまずき、あのディルドを舐めている写真。

カルラはベスの身体を自分に引き寄せた。ベスが背中をカルラの前に押しつける格好になっている。カルラは両手をベスの前に回し、彼女の股間をいじり始めた。ベスは僕を見ながらにっこりとほほ笑み、同時に、口を半開きにした。ベスが感じてきてるのが分かった。呼吸も乱れてきている。やがて、ベスは僕から視線を離し、天井の方を見上げた。カルラの片手はベスの股間を、もう片手は乳房の片方をいじっている。

「この子、とても簡単なのよ」 とカルラが僕に言った。

階段の方で物音がするのが聞こえた。目を向けるとローレルが階段の一番上のところに座っていた。半分、眠っているような表情だった。ローレルもベスと同じようなシースルーのナイトガウンの服装だった。


おわり
TOPに戻る inserted by FC2 system